クレジットカードの審査は面接と同じ

クレジットカードの審査の基準は?

一体何を基準に審査しているのだろうと思う方も多いかも思います。

基本はそれほど難しくありません。

カードの発行には、信用調査の基準をクリアすることが必要です。

まず一番大事なのは、安定した収入があるかと言うことです。返済能力があるかどうかは重要な点になります。

正社員で年収300万以上あれば、まず問題はありません。ここでフリーターや無職などだと審査を通るのは難しいです。

一年以上の勤務履歴があること、会社の記載がきちんとできることが何よりも重要になります。

したがって安定した勤務の他には、定住している家があること、連絡先、ここで携帯のみではなく自宅の番号がある場合はプラス要素になります。

あとは記載内容を漏らさず全部書いてありますか?記載ミス漏れは、カード審査落ちの多い、ケアレスミスです。

面接と同じく、必要事項がきちんと記載されていなければ、審査には合格しません。

安定した職業についている会社員なら、きちんと申請すればそれほど厳しくはね除けられることはないはずです。

しかし過去に金銭トラブル、多重債務や金融ブラックリストに載ることがあれば、条件を満たしていても落とされます。

 

私のクレジットカード審査の体験談

私は普通のOLで年収350万ほどでしたが、3つカードを作りましたがいずれも審査に通りました。

そのうち2つは即時発行だったので、書類は事務の方に指示されるように書いたので、勤務先に電話をすることもなく、1時間もせず発行されました。

セゾンカードとイオンカードです。この2つは即時発行、その場ですぐに発行してもらえるので、書類の記載ミスのための審査落ちもないですし、何週間も待たずに発行ができます。審査は甘いほうだと思います。

 

逆に審査が厳しいのは楽天カードだと思います。

まず、ネットで申し込んだあと、勤務先に突然電話が入ります。きちんと在籍しているか確かめてきますので、初めての方は何故カード会社から突然電話がかかってくるのかと驚愕なさるかもしれません。

私も総務の方に何か金銭トラブルでもしているのか、借金でもしていないのかと聞かれてしまいました。そのため、カードを作る際は念のため会社の担当の方に確認の電話が来る旨を伝えておかないと、トラブルになる元になります。

私の場合は本社の電話番号を書いたのですが、名古屋支社に勤めていたので、私と言う存在を本社の方が知らなくて、確認の手間を取らせてしまいました。その点で楽天カードは審査に慎重だと思いました。

私の経験を通して、その場で発行してもらえる即時発行カードのほうが、審査は甘いと思うので、店頭でカードを発行してもらったほうが審査に通りやすいと思います。