ネットか店頭で申し込み(楽天カードの審査事例)

私は楽天カードとイオンカードを持っています。ここでは主に楽天カードの審査に通ったときのことを書きたいと思います。

 

楽天カードの審査

まず最初に楽天カートを作りました。楽天にした理由は、100円で1ポイントたまること、対象商品によってはそのポイントが10倍になることもあります。

CMでもやっているように楽天カードはネットでもコンビニでもどこでも使えるクレジットカードです。

申し込み方法は、楽天のサイトに行き、ネットから簡単に新規申し込みをすることができます。

また、ネットでカードを作るときにはどのカードでも何かしらポイントがつく場合があります。楽天カードですと、お友達紹介で、相手も自分にもポイントがつきます。(私の場合は5000ポイントでした)

年間費も永久無料なため、コストもかかりません。

楽天カードは有名で、会員も多いからか他のクレジットカードよりも審査が通りやすいそうです。

審査基準は、どこのカードも似たようなものだと思います。

現住所にどれだけ住んでいるか(持家なのか借家なのか)重要であり、年数が長くなるごとに信頼性も高くなります。

運転免許は持っていた方が、住所の確認がしやすいです。店頭などで即日発行のカードの場合は必須になってきます。

年収は私の場合400万円程度ですが、ただのパートやアルバイトでも楽天カートなら審査に通る可能性が高いです。

お仕事をされている方なら、職場の住所・連絡先の欄があり、必ず仕事先に電話が入ります。最初は職場に電話をするなんてと驚かれる方もいるかもしれませんが、私は職場から何か言われたことはありませんので安心してください。

 

キャッシング利用の方の注意点

キャッシングの申込みをしたい方は要注意です。私はキャッシングをしたことがないので、クレジットカードの審査に引っかかった経歴はありませんが、年収が500万円以上とか、安定していないと審査に通りにくいです。

私の知人も、なぜクレジットカードの審査に受からないのだろうと相談されたときに、よくよく聞いてみると、キャッシングを30万以上で申請したそうです。その方はただのパートでしたので、通らなかったのかもしれません。

 

ネットでの申し込み方がわからない方へ

ネットで申し込みをする方法が分からないという方もいると思います。

最初から最後まで自分で記入しなければならないし、説明をしてくれる人がいないので不安です。

そこで、よくイオンショッピングセンターで、即日カード発行などのキャンペーンがやっています。

私はそこで、カードを発行してもらいました。

カードにも色々種類がありますし、今ではETCを付ける付けない、リボ払いにするかしないかなど、様々な機能がありますので、不安な方は店頭でしっかり説明を受けながら記入するのが良いと思います。