学生のクレジットカード審査に関して

クレジットカードの審査というのは基本的に「いままでカードをきちんと使ってきたか」というポイントを最重要ポイントとして見られているわけです。

だけど、ここで1つの疑問が沸いてくる人がいるはず。

そう、一枚目のクレジットカードを作る人、その中でも特に、自身に決まった収入がない人、そう、「学生」はどうすれば良いのか?ということです。学生とはいっても、クレジットカードを作ることができるのは18歳以上なので大学生や専門学校生の方ですね。

 

結論から申し上げると、

学生はクレヒスは見られていません。その代わり、作ることが出来るクレジットカードは絞られる

といことになります。

 

学生でもクレジットカードは作れるが・・・

まあ、考えてみたら当たり前なのですが、1枚目のクレジットカードでいきなりブラックカードを作りたい、と言ってもよっぽどのコネクションがない限りほぼ無理です。 同様に、年会費が高額だったりサービスが社会人向けのカードも学生は審査に通りにくいです。

なので普通は、学生カードを作る、という形が無難です。その辺りは以下のサイトにわかりやすく書かれていました。

大学生・専門学校生のクレジットカードの作り方・・・「クラーケンでもわかるクレジットカードの作り方」様

詳しい作り方は↑のサイトを参考にしてもらうとして、ここでは学生カードを作るメリットを完結にまとめます。

メリット

  • カード会社も申し込んでくる人が学生だとわかっているので学生なら審査には通りやすい。
  • 決まった収入がない学生が普通に申し込んだら通らないクラスのサービスを受けることができる。
  • 学生のうちからクレヒスを貯めることができる。

デメリット

  • 選択肢がある程度決まってしまっている(まあ、最初の1枚はしょうがないです・・・)。
  • 一定の年齢を越えたらカードをバージョンアップする手間がかかる。

といった感じ。つまり(1)学生のうちから学生カードを使ってクレヒスを貯めて社会人になってからの選択肢を広げるか、(2)学生時代はクレジットカードを作らずに社会人になってからクレヒスを貯め始めるか、の2択になるかと思います。

一応、学生カード以外にも作りやすいクレジットカードというのはあるのですが、個人的にはあまりオススメしません。それらは商業的な匂いしかしないものが多く、後々解約したくなることがほとんどなので・・・。

 

学生なら確実に審査に通る、わけではない

ここまでの書き方だと「なーんだ、学生ならだれでもクレカ作れるんじゃん!」と勘違いをしてしまう人が現れそうなので少し補足しておきます。

学生は「いままでクレジットカードを使ってきた履歴」はありません。ですが、「いままでキチンと支払いをしてきたかどうか、信頼できるかどうか」は見られています。例えば、携帯の使用料、機種料金などがそれに当たります。

これらを滞納してきた人は如何に学生カードといえども審査に通らないことはあります。日頃の行い、結構大切です。もしもこれらに心当たりがあって審査落ちをしてしまった場合は、審査の結果が出た後に他の学生カードに応募するか(複数枚を同時に申し込むのは審査落ちの原因になるので止めましょう)、学生のうちは諦めて、しっかりとした収入を得てから再度チャレンジということになります。

 

学生も社会人も支払いをしなくてはいけないという事実に変わりはない

当たり前なんですが、せっかく学生でクレジットカードを持てたのに支払いが滞るようなことになったらクレヒスもたまらず、社会人になってからもクレジットカードが作りづらいなんて事態に陥ってしまいます。

支払いはしっかりと!決められた引き落とし日の前には口座の残高確認を忘れずに!